平成 27 年 2 月 保育の記録

子どもたちが植えたチューリップの芽も伸び始め、春の訪れを少しずつ感じられるようになりました。芝生場や運動場ではジャングラミングや波型滑り台、ウルトラ遊具、ブランコといった様々な遊具で遊び、楽しそうな子ども達の姿が見られます。暖かい日には戸外で思いっきり体を動かしたいと思います。

『豆まき』(3・4・5歳児)
「鬼は、外!福は、内!」と元気のよい掛け声と共に豆に見立てた新聞紙のボールを力いっぱい投げます。怖くて泣いてしまう子もいましたが、みんなで力を合わせて鬼を退治しました。
『よいしょ、よいしょ!』(5歳児)
年長児の子どもたちと保護者による奉仕作業があり、坂道や園内の側溝を掃除しました。泥だらけになりながらも、みんなで協力して、坂道を綺麗にすることができました。
『氷つめたーい!』(5歳児)
部屋の外に置いていたバケツに氷が張っているのを発見。「すごいね」「つめたいね」「どうやって出来たんだろう?」と皆集まって手にとっていました。
『ラジオ体操』(1歳児)
進級に向けて、外でランニングとラジオ体操を始めました。朝から「お外行く〜!」とやる気満々の子どもたち。「1,2,3,4!」と毎日大きな掛け声で体を動かしています。
『祖父母参観@』(4歳児)
日頃の様子を見ていただきました。部屋に入ってこられるといつもに増して嬉しそうな子どもたち。ピンと腰骨を立てた子どもたちの姿に感動される方もおられました。
『祖父母参観A』(5歳児)
かるた会では隣に座ってもらい、一緒に楽しみました。「見つけるのが速いな〜」と褒められるとやる気も十分!真剣にかるたを見つめていました。