平成 27 年 1 月 保育の記録

 新年を迎え、今年も子ども達の元気な声が響き渡っています。七草粥やどんどや、福笑い凧揚げ、お屠蘇といった1月ならではの行事を体験しました。これからも日本の文化を大切に、子ども達に伝えていきます。

『新年の始まり』
全園児と職員が集まり新年の挨拶を行い、お屠蘇(オレンジジュース)を頂きました。「おじいちゃんの家でも飲んだよ」といった声を聞くことができました。
『七草粥』(5歳児)
畑を探索しナズナを採って、ドキドキしながら包丁を握り慎重に切りました。出来上がった七草粥は「おいしいね」と友達と話しながら食べていました。
『どんどや』
無病息災を祈ってどんどやをしました。火が上がってパーンと音がすると、「花火みたい」と興味津々で見ていました。
『福笑い』(2歳児)
福笑いに挑戦しました。目隠しをして手探りで目や鼻を置き、出来上がりを見ると「変な顔になってる〜」と友達と大笑いしていました。
『青空教室』
阿蘇ミルク牧場から動物達が遊びに来ました。羊にそっと触ると「もこもこしてる」「あったかい」と言いながら楽しそうにエサをあげていました。
『保育参観』
ストライダーに乗りました。サドルにお尻を着けて漕ぐのが難しそうでしたが、夢中になって運動場を回っていました。